header_logo

英語を活かしてアルバイト!

ニュアンスや世界観も理解?英語を翻訳・通訳するアルバイトで求められる人材

バイトラウンジについて
side_img

英会話教室の講師をしています!英語が大好き!もっと英語を活用してくださいね!

特集記事
専門職だから英語のアルバイトは高額報酬です

英語ができるだけで、給料は高額になります!活かさなきゃ損!

翻訳、通訳は需要も多く、やりがいもあります

難易度が高いだけに、給料もやりがいもダントツです!

英語を翻訳・通訳するアルバイトに求められる人材

高い言語能力

4-3

翻訳・通訳に要するスキルとして、あえて、英語力ではなく、言語能力と表現したことには理由があります。翻訳も通訳も、二つの言語の間で相互変換する能力が求められるため、一方の言語である英語力のみでは成立しないのです。かなり高いレベルでの日本語力が必要となります。英語にも、日本語にも、ニュアンス というものがあります。全く同じ言葉でも、使う場面やアクセントによって、その意味が変わります。例えば、「いいです」という言葉も典型的な例です。使う場面とその言い方、前後の会話の流れと、表情も踏まえて、「OKです」 なのか 「いえ、いいです、いりません」という意味なのかを判断しなければなりません。この解釈を間違えて通訳・翻訳すれば、全ての意味が真逆になってしまいます。ただ単に英会話ができるだけでは、通訳・翻訳の仕事はこなせないのです。
ニュアンスを読み取る力、瞬時にもっとも近い単語・表現に置き換えるだけのボキャブラリー、正しく表現する力など、全てを包含する高い「言語能力」 が必要不可欠です。
通訳であれば、インプットもアウトプットも「声」です。日本語・英語両方のヒアリング能力と話す力が必要です。通訳には、瞬時に的確に訳すスピードも要求されます。
翻訳であれば、インプットもアウトプットも「文字」です。両言語の読解力と、文章力が必要です。文章表現には、会話以上に表現や文法その他に大きく幅があるため、より一層高度な言語能力が必要となるでしょう。

幅広い知識力

通訳にせよ、翻訳にせよ、単純な日常会話だけを訳すということは少ないでしょう。ビジネスシーンであれば、必ずその分野における専門用語が出てくるものです。それらの用語を知らなければ、通訳・翻訳はできません。サッカーの解説を訳すのに、オフサイドという名のルールがあることを知らなければ、訳すこともできないでしょう。また、業界に関する知識もある程度持っていなければ、意味の理解に誤解が生じる場合も多いでしょう。さらに、相手のニュアンスを正しく受け止めるためにも、日本語の意味・意図を変えずに伝えるためには、相手国の文化、慣習、ならわしなどへの知識も必要です。そして、自国、日本についての知識も必要でしょう。実に幅広い知識と感性が必要になるのです。

高い信頼性

通訳・翻訳ともに、重要情報や機密情報に触れる機会も多くなります。いくら言語能力が高くても、口の軽そうな人や信頼できないタイプの人にはとても任せられません。秘密は絶対に漏らさない、余計なことをしゃべらない、いい加減なことを言わない、という絶対的な高い信頼性がなければ、通訳・翻訳を任せる気にはなれません。

よく読まれている記事はコチラ