header_logo

英語を活かしてアルバイト!

熱意や信頼関係!英語を活かした英会話のアルバイトで求められる人材

バイトラウンジについて
side_img

英会話教室の講師をしています!英語が大好き!もっと英語を活用してくださいね!

特集記事
専門職だから英語のアルバイトは高額報酬です

英語ができるだけで、給料は高額になります!活かさなきゃ損!

翻訳、通訳は需要も多く、やりがいもあります

難易度が高いだけに、給料もやりがいもダントツです!

英会話のアルバイトに求められる人材

生徒を上達させたいという情熱と根気

3-3

講師という職種上、一番重要視したいのが、情熱じゃないでしょうか。テレビで活躍する塾講師も、キャラクターはそれぞれ強烈ですが、一様に同じ情熱を感じますよね。
生徒の成績をあげたいという情熱から、自身のスキルアップに余念が無いでしょう。授業の準備など、いろいろとやることが多い英会話講師ですが、情熱がある人なら、楽しんでできることばかりです。英会話は小さな一歩ずつの積み重ね。一回の授業で一気に話せるようになるものではありません。何度も何度も同じことを繰り返して、少しずつ上達するものです。教える講師にとっては根気のいる場面も多いでしょう。逆に言えば、生徒さんに英語を教えることに対する情熱を持てない人にとっては、英語を話せない人を相手に根気強く英会話を教えていくという作業は、苦痛以外の何ものでもないかもしれません。
生徒さんの英語力が向上すること、生徒さんが英会話を好きになることを、心から望める人なら、自然と情熱がわく仕事です。英語が全く話せなかった生徒さん同士が、つたないながらも楽しそうに英語で会話をする様子は、講師冥利につきますよ!

子供が好き!

いまや幼少期からの英語教育は当たり前ともいえる時代になりました。乳幼児から小学生まで、児童を対象とする英会話教室が急激に増えています。
英会話教室で講師として採用されたら、子供に対して英語を教えることを覚悟しなければなりません。子供が嫌いであったり、子供と接するのが苦手な人には務まらないでしょう。
また、子供相手に英語を教える際にもっとも大切なことは、「英語に対する苦手意識を植え付けないこと」です。大人と違って子供は自分の意思で通っているわけではありません。吸収力は柔軟ですので、英語自体を覚えることは苦ではないはずです。「英語教室は楽しい!」と思わせれば、勝手に覚えてくれると言ってもよいでしょう。しかし、英語に対する苦手意識を与えてしまうと、なかなか覚えず、今後の学生生活でも英語を避けるようになってしまいます。子供を扱うということはそれだけ大きな責任を負うという自覚が必要です。子供たちを上手に扱って英語を教えていくという仕事は、子供好きには楽しい仕事ですが、子供にも様々なタイプがいるので、簡単なことではないでしょう。また、モンスターペアレントという言葉が生まれたことからもわかる通り、現代は親の世代にも特徴があります。子供への接し方には親たちが目を光らせています。難なく子供と接することができるだけでなく、そのような親たちとも、そつなく対応できるスキルが必要です。

責任感があり、信頼がおける人

どんな仕事にも共通して言えることですが、採用する側は、信頼がおける人を雇いたいと考えます。英会話教室など、習い事をビジネスとしているオーナーとしてみれば、その要望はさらに高まることでしょう。アルバイトであっても、先生であることに変わりありません。「講師」という自覚と責任感を持てる人であることが大切です。英語力はさることながら、まず生徒さんを責任をもって預かることができる、信頼のおける人材がどうかは、採用時の重要な判断基準です。

よく読まれている記事はコチラ