header_logo

英語を活かしてアルバイト!

企業が英語力の必要性を実感!英語のアルバイトは求人数が急増中です

バイトラウンジについて
side_img

英会話教室の講師をしています!英語が大好き!もっと英語を活用してくださいね!

特集記事
専門職だから英語のアルバイトは高額報酬です

英語ができるだけで、給料は高額になります!活かさなきゃ損!

翻訳、通訳は需要も多く、やりがいもあります

難易度が高いだけに、給料もやりがいもダントツです!

求人数が急増!企業が英語力を必要としています

英語ができる人材の求人数が増加

1-3

転職市場において、英語ができる人材を多くの企業がこぞって求めています。その求人数は、2009年と2010年では、2.7倍にも増えています。また、求人全体の約20%が、「英語ができる人」を採用条件にあげています。正社員の転職市場もそうですが、アルバイトの市場においても同様の傾向がみられます。もちろん、要求するレベルは正社員よりは高くはないですが、英語が話せることによって、より優良な企業でアルバイトができたり、より良い待遇や好条件で採用されることが多いようです。外資系企業なども増えていますし、主要取引先のメインが海外である企業も増えています。さらに、国内のみで事業展開してきた会社も、新しいビジネスと可能性を求めて、次々に海外進出を果たしています。そんな中で英語ができる人材への求人数が増えるのはごく当たり前のことでしょう。東京オリンピック開催に向けて、今後ますますその需要は増えていくことが予測できます。

英語に対するニーズの高まり

どの企業においても、ビジネス上の英語に対するニーズが高まっています。あるアンケート結果によると、ビジネスにおいて英語が必要であると回答した会社は、実に半数以上。6割を超えています。技術系や医療系の企業であれば、英語は必須でしょうが、サービス業や建築などの業界でもその傾向が高まっているようです。業種によっては、英語を話せなければ所属できない部門もあります。主要取引先を海外に向けている会社や、海外資本が入っている会社であれば、財務諸表やレポート、会社概要など、基本的な書類も全て英語のドキュメントを作成する必要があります。それらの事務処理にも英語力が必要となり、英語に対するニーズはますます高まる一方なのです。

英語力は希少価値が高い

日本国内ではこれほど英語に対するニーズが高まっているにも関わらず、肝心の英語が話せる人材はそう多くはないようです。日本では義務教育で最低3年間、英語を勉強します。しかし、過去長い間、英語の授業は、あくまでも英語の勉強であり、テストに備えるための単語や文法を覚えることが主となっていて、残念ながら会話としての英語を身につけられるカリキュラムではありませんでした。さらに一般的には日常の中で英語を使う機会は極めて少なく、英語を知らなくても生活には何の支障もないというのが現状です。奥手でシャイな日本人は、積極的に英語を使うこと自体が得意ではありませんね。ビジネス英語が話せると答えた人は、ビジネスマンでも1割弱しかいないのが、いまの日本の現状です。英語が必要な業種においても、まだまだ一定のレベル以上の英語力を持った社員は少なく、日常会話ができるレベルの人材でも希少価値が高いようです。

よく読まれている記事はコチラ